FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界で一番素晴らしいおっぱいのパイズリ10挟射 Hitomi

お久しぶりです。パイズリマニアのKです。
今日は久々に1タイトルまるまるパイズリレビューさせていただきたいと思います。

復帰第一号はやはりHitomiちゃん!
pppd00541pl.jpg

彼女の作品は以前に何度もレビューで取り上げさせていただきましたが、おっぱいの素晴らしさに比例して期待度も高かったので、辛辣な評価をしていたことも多かったかと思います。それはなぜかと言うと他でもない、電撃移籍!SUPER Jのパイズリのクオリティが素晴らしかったからです。あんな最高のパイズリを披露していたのに、新たな作品がリリースされていくに連れて半端な挟み方をしたり、手で扱いていたりとマニア達が落胆するようなパイズリが量産され、ついには新作もチェックしなくなるという事態に陥りました。

しかし最近TwitterでたまたまFOBさんの記事を見かけて、そんなクセがようやく改善されつつある!?ということで、半年程前にリリースされたものなので今さらではありますが購入してチェックしてみることに。
↓該当の記事。
まさかの20秒挟射も!上手になったマニアも唸るHitomiのパイズリ

DMM.comから購入画面に進んでいくと・・・
なんと「購入済みの作品です」との文字が。

説明しますと、私ネット環境があまり良くないものでDMMのHD動画をダウンロードしようとすると何時間もかかったりするんですね。で、もちろん抜きたくて新作を購入するのですが、抜きたいその瞬間に購入した作品は見れないんですよ。なのでダウンロードしながら別のローカルのオトモを選んで致すわけでして、それで満足してダウンロードしてたことを忘れたりすることがあるのです。はい、つまりこの作品を全く知らなかったわけではなく、買ってはいたんだけど忘れてた。そういうことでした。
・・・知ってたんだからね!!!

まあそんなごたくは置いといて、10挟射全て見ていきましょう。

Hitomiちゃんにとってパイズリとは「男の人を気持ちよくさせること」とのこと。シンプル!
自分の長所でもありコンプレックスでもあるこのおっきなおっぱいで、おチンチンみるくを搾り取るエッチなことです…(照)。
くらい言って欲しかったところ!

作品全体のテイストとしては、Hitomiちゃんとスタッフが会話して、部屋に複数いる汁男優をひとりひとりパイズリで抜いていくというもの。Hitomiちゃんはパイズリがしたくてたまらない女の子で、スタッフがおっぱい好きの男性を提供する、というような雰囲気でしょうか。

1本目。相当おっぱいが好きなのでしょう。ニヤニヤが止まりません。
黄色いビキニをずらして掌や顔でおっぱいを味わった後に腰掛けパイズリが始まります。

pppd541_1.jpg

「私のおっぱいの中で中出ししていいからね?」とたぽたぽ鳴らしながらの高速パイズリ。
高速をやめてギュッときつく挟み直した瞬間に男優がああっと声を上げて精子が飛び散ります。

pppd541_2.jpg

その間なんと1分足らず!ノーカットなのでヌキに特化したパイズリの凄まじさを改めて感じさせられました。


2本目。スポブラを着用しての着衣パイズリ。膝上スタイル。

pppd541_3b.jpg

右乳のスポブラから溢れている乳肉が半端ないです。そこだけでDカップくらいあるんじゃないかってレベル。
ホントはそこも全部寄せ集めて乳肉たっぷりのパイズリを披露してほしいんですが・・・。

pppd541_4.jpg

パイズリの内容は1本目と同じで基本高速からの小休止にじっくり挟み回すスタイル。
パイズリフェラなども挟まれるので、1本目より少し時間がかかります。

「あったかいのいっぱいちょうだいね?」

pppd541_5.jpg
pppd541_6.jpg

前半はたっぷり包み込んで気持ちよさそうでしたが、後半は癖が出てしまっています。おっぱいの中に包み込もうとはせず、表面から指で押さえて激しく動かすパイズリ。個人的には挟射にカウントしたくありませんが、そこら辺モザイクが濃くてよく見えないのと、コスチュームのエロさで甘めの採点としました。発射は細かく飛び散るタイプです。

3本目。一通り絡み膝立ちパイズリ後に本番。フィニッシュで馬乗りパイズリ。
舌に射精そうとしているためか埋まりも浅く、パイズリ挟射にカウントできるレベルではない。

4本目。ここでチャプターが切り替わり、コスチュームがメイド風に変わっています。することはチャプター1と同じく汁男優達を一人ずつパイズリヌキしていくというもの。

pppd541_7.jpg

ソファに座っている男性に歩み寄り、手コキやキス、乳首攻めをした後パイズリ。腰掛けスタイル。パンパンパンとリズミカルにおっぱいを股間にぶつけながら「こんなおっきいおっぱいに挟まれたことある?」と囁くHitomiちゃん。

ここも前半はすごく良いです。指が谷間に入っていますが、これはチンポぶるん!を防ぐための指なのでまあいいでしょう。ネイルも短めなので変な心配もいりません。

問題は後半。乳首攻めしながらの挟射が着地点なのか、片手で両乳を抱えるパイズリに替えてしまいました。左手で攻める男優の乳首もフレームに収めるため中途半端な画になっております。そのまま挟射。飛びなどは見られない完全な乳内射精です。

pppd541_8.jpg

射精が止んだ後もチンポは谷間に挿れたままでで両乳首を攻めます。
「全部でた?」の問いに男優が頷くと、最後にギュッとおっぱいを寄せて搾り取ります。
この時のぶちゅっ!っと空気の漏れる音が凄くエッチです。

pppd541_9.jpg

5本目。同じように腰掛けスタイルで。
ただこちらはローションをたっぷり使ってしまいます。

Hitomiちゃんも手を拭かずにそのままパイズリするので案の定乳肉が逃げてしまい、それを掌で一生懸命押さえながらするのでおっぱいのボリュームを活かせない浅いパイズリになっています。後半になると男優が腰を振るスタイルに移るので見栄えは良くなりますが、ここまでぬるぬるなのは個人的に好きではないです。

pppd541_10.jpg

モザイクで良く見えませんが、挟射の瞬間は右手でしているようにも見えますね。
発射はおとなしめで飛びはなし。ローションのせいでよくわかりません。

ドロッとした精子の塊を指ですくって見せると「この精子乳首に塗ってもらって良いですか?」と男優さん。
Hitomiちゃんは「変態だね」とすくった精子を男優さんの乳首に塗りたくるのですが・・・これHitomiちゃんの乳首に塗ってくれって意味だったのでは?w 自分の精子を自分の乳首に塗りたくられて笑っちゃってるのがちょっと面白かったです(笑)

6、7本目。3P。授乳手コキや両側から仁王立ちでおっぱいに擦りつけるようなシーンがあるものの、メインは本番でフィニッシュだけパイズリという流れ。

6本目は本番の後の膝上スタイル。両腕でおっぱいを抱えるようにして行うパイズリ。他と違うパイズリを見せたかったのでしょうか。おっぱいが腕で隠れてしまっていてあまり見栄えのいいパイズリとは言えませんでした。発射は普通。飛びは確認できず。

7本目は本番後の馬乗りスタイル。前回の馬乗りとは違ってちゃんとおっぱいを全部使って包み込むスタイル。ですが、挟射の瞬間に男優が思いっきり前傾姿勢になって舌を絡ませながらの挟射なので、これまたおっぱいが目立たず。ちゃんと乳内射精だった点は認められますが、おっぱいに焦点が当たっていなかったのが残念。かつヌキポイントとは言えず。

8本目。ここからは黒のタンクトップ姿のHitomiちゃんが汁男優をパイズリ抜きしていきます。
パンツ越しとはいえノーブラタンクトップのおっぱいを股間に擦りつけられたらうっかり出てしまいそう!

pppd541_11.jpg


8本目はFOBのサンプルで見られるパイズリです。同じく腰掛けスタイルですね。拳でおっぱいを潰し、チンポとの接触面を固定しながら動かすパイズリ。1本目と比べてみると手の使い方の違いがわかると思います。

パイズリフェラを挟みながらもあっという間に射精させてしまうHitomiちゃん最高峰のパイズリです。発射も細かい飛びから塊でビュッと谷間から吹き出す精液も見られ、気持ちよさが伝わってくるハイクオリティの挟射シーン・・・と手放しで褒め称えたいところですが、おっぱいの下の方がフレームから外れてるんですよね。これだけは本当にいただけません。Hitomiちゃんの表情を映すためなのは理解できますけど、おっぱいの表情だって大切なんです。

pppd541_12.jpg

ただパイズリ自体はとても良いので本作のヌキポイントのひとつでしょう。
谷間に精子が留まってなかったのがちょっとだけ残念ですが。

9本目。同じく腰掛け、かつローション使用です。
Hitomiちゃんのおっぱいを揉んだり吸ったりしまくった後にされるフェラやパイズリはさぞ気持ちいいことでしょう。

パイズリは6本目と同じく両腕でおっぱいを抱えるようにして行うパイズリ。これなら乳肉が逃げにくいでしょうし、ローションを使うのであればありかも知れません。そしてなんと30秒足らずで発射!勢いのある噴射系の射精です。

pppd541_13.jpg


10本目。乳白色のローションを使った膝上パイズリ。

これまでと違ってローションは谷間の内側だけに塗ります。前半は8本目と同じような動きで見た目も良かったです。後半になるとちょっと崩れてしまいますが一応挟射。飛びなどは確認できず。そしてまたおっぱいの下部分がフレームアウト。なぜ乳白色のローションを使ったのかわかりませんが、案の定精子なのかローションなのかよくわからない状態です。私はここでは抜けないかなぁ・・・。

pppd541_14.jpg

11本目。本番からのフィニッシュで、膝立ち縦パイズリ。

本番からの流れなのでおざなりなパイズリかと思いきや、キッチリとホールドしたなかなかの縦パイズリ挟射が見られました。発射の瞬間も谷間から外れたりせずに完全な乳内射精。腰がビクビクと脈動している間も、ずっと谷間に埋もれたままなのが好感度高いです。精液の付着具合もなかなかのものでした。

pppd541_15.jpg


以上になります。って11本あるやないかい!!(嬉)
1、2、4、8、11が個人的に抜けるパイズリでした。(2はコス補正あり)
本番後のフィニッシュパイズリで抜けるレベルのものがあるのには驚き。

Hitomiちゃんのパイズリをちゃんと見たい方にとっては買って損はない作品だと思います。
パイズリがメインテーマではない作品はほとんどチェックもしていないので、最近どんなパイズリをしているのかもわかりませんが、これを見てまたチェックしてみたいなと思わせてくれましたね。

ただ作品の雰囲気的には先にも書いたとおり、パイズリしたいHitomiちゃんにスタッフがおっぱい好き男性を連れてきた、みたいなコミカルな雰囲気が漂っています。ただ連なる汁男優たちをパイズリで抜いていく。そういう作品です。なので雰囲気を重視する方はお気を付けください。

Hitomiちゃんのパイズリは確かに以前よりは良くなっている、というか私好みに近づいてきている感じはします。ただ正直に言うなら全体的にもう一歩おっぱい好きに歩み寄ってほしいとは思います。アメリカンポルノ風の雰囲気は100歩譲ったとしても、気になるポイントが無いわけではありません。

具体的にひとつ挙げると手コキがエロくないです。愛あいりさんのようにねっとりといやらしくした方が雰囲気出ると思います。逆に今回良かったのは、挟射させた後に亀頭に残ってる精液をおっぱいに擦りつけていたところでしょうか。これはエロいし見てて嬉しくなるアフターでした。

無論Hitomiちゃんはこれからも目が離せない女優さんですし、応援し続けていきたいと思います。
また良いパイズリ魅せてください!!

あ、エステのやつも凄く良かったので次回にでも・・・!

↓動画のダウンロードページが開きます。(DMM.com)
pppd00541pl.jpg



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

祝復活!

師匠 ブログ再開待ってました!

HITOMIちゃん その圧倒的大排気量を生かした作品があまりなかったのですが、紹介いただいた今作品はなかなかとお見受けしました!
早速ダウンロードしてみよっと!

>同じ作品をダウンロード
小生もありますよ みるみるくるみ、吉沢留美、酒井あや・・・ぜ・全部母乳作品やないかい!

といったところで、今後も楽しみにしております
母乳う作品レビュー 期待してまっせ!!

No title

Kさん、ブログ復活おめでとうございます!
パイズリ愛に満ちた熱いレビューはさすがです!!
これからも楽しみにしていますね。

嬉しいです

復活おめでとうございます。1年くらい前、動画を交換していただいたものです。こちらのblogと掲示板をチェックするのが日課でした。
楽しみにしています。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。